様々なウェディングをご用意|プランナーによる無料相談

参加しやすい挙式

ウェディング

双方にメリットがある選択

結婚式を挙げるにあたっては、平均として数百万円程度の予算を準備する必要があり、またゲストとして招待された側も、ご祝儀として友人や同僚なら三万円程度、親族や上司なら五万やそれ以上の出費を必要とするのが一般的です。そのため、まとまったお金を準備できないために結婚式を挙げるのを断念するカップルが少なくはなく、また招待されるゲストに関しても、特に結婚式への参列が続いた際などには、ご祝儀の負担が重たくなってしまうことが少なくありません。そういった、金銭的な負担を大幅に軽減することが可能になることで近年人気を集めているのが、会費制結婚式という選択肢です。元々は北海道エリアで定番の結婚式の挙げ方でしたが、それが全国的に広がりを見せているのです。会費制結婚式とは、参列してもらうゲストから、ご祝儀のかわりに会費を貰って行う結婚式になっています。ご祝儀の相場が先にも挙げたように三万円程度であるのに対して、会費制では一万円から一万五千円程度に設定するのが一般的であるため、参列するゲストの負担も大幅に軽減されることになります。またご祝儀にいくら包むのかを考える必要などもなくなるため、精神的にも気軽に参列しやすくなります。会費制結婚式はアットホームでカジュアルな雰囲気の中で行われるケースが多くなっているため、結婚式を挙げる立場にしても、準備しなければいけない予算を大幅に軽減することができるのはもちろんのこと、本当に親しい方に祝って貰うことができる、心をこめたおもてなしを行うことができるといったメリットもあります。双方にメリットがあり、より現代的な結婚式の挙げ方として人気を集めているのが、会費制という選択肢なのです。